【宅建取引主任者】、【コミュニケーション検定 上級】、【数検1級】、【高校数学教員免許】、【第二種衛生管理者】、【ビジネス実務法務3級】、【メンタルヘルス・マネジメント検定 ラインケアコース】、【個人情報保護士】の資格を持つ
ビジネス書ブロガー石川のビジネス書評ブログです。


1ヶ月約1万人が訪問!
著者からコメントを多く頂く
ビジネス書評ブログです。


【「書評リクエスト」・「献本」についてはこちら!】
http://businesscallcenter.seesaa.net/article/131717039.html?1257020744


皆様との、切磋琢磨できる人脈作りを
楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

2013年05月26日

日本ダービー

今日のダービー、すごかったですね^^

ディープインパクトの子供の

キズナ

の走り方、尋常じゃないですね。

ディープは4コーナーからすでに足が全快タイプ

キズナは残り200メートルあたりから
異次元の爆発力を発揮するタイプ


あれだけレベルの高い馬を相手に
150mあたりから軽々抜き去るなんて・・・・

すごすぎますね。

父親の能力をうまく引き継いだ
まれだがすばらしい例なんでしょうね。

今後も楽しみです。

posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 16:28 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

トウケイニセイ死す

私が盛岡に住んでいた時に、
盛岡三高のちかくに盛岡競馬場がありました。
※今はだいぶ山奥に移転しました。芝もあります。
※当時は中央競馬と交流がなく、岩手競馬しか知りませんでした。

その時に競馬場に通っていました。
トウケイニセイは輝いていました。異次元な強さでした。
いつも単勝1.0倍でした。当然ですよね。

圧倒的な逃げだったか先行だったか、
強さにはただただ感激していました。

目の前でその走りを何度も見れたことは
本当に幸せだったと思います。


オグリキャップのように突然変異的な強さであり、
後継馬はでませんでしたが、
10数年前の走りが今でも忘れられないくらい、素晴らしい馬でした。
強く思い出に残っている馬でした。

その馬が今日死亡しました。
とても残念です。

安らかに眠ってくださいね。

http://topics.jp.msn.com/sports/general/article.aspx?articleid=909401

http://www.youtube.com/watch?v=XTR2waMyJrM

http://www.youtube.com/watch?v=l7B7mLeB_QE

http://www.youtube.com/watch?v=okTdkF7J65Y


posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 12:32 | 千葉 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

昨日のジャパンカップ(競馬)

ウォッカ強かったですね。

ウォッカはディープみたいに長い足が使えないが、
200mくらいの末脚が使える(豪脚)
後ろ過ぎると脚を余す事が多かったこと
があり、最近は先行させ直線早めに追い込み
脚を使い、後半200m我慢させる競馬が多くあります。

今回もまさしくそれです。
最後オウケンブルースリに抜かれそうでしたが
なんとかがんばり抜きました。

本当にすばらしい牝馬ですね。

父のタニノギムレットをみたとき、
前脚の筋肉の盛り上がりにほれぼれしていたのを
懐かしく思いました。

posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 07:59 | 千葉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

【競馬】本日のエリザベス女王杯

今日のエリザベス女王杯
逃げ馬に絶叫しました!!

ここ数年先行や追い込みが有利な展開が多い中、
逃げ馬2頭一騎打ちですから^^。

私は賭けることはなく、血統見て喜んでいるタイプですが、
今回は父:ジャングルポケットの馬クィーンスプマン
であることもあるし、ここ数年ない、逃げ馬での戦い、
本当に見ていたわくわくしました。

最近は、明らかに強い馬がいません。
ある意味戦国時代です。
(今回もカワカミプリンセス全然きていないとおり)

そんな中この展開は感動を呼んだと思います。

また、田中騎手 初G1制覇おめでとうございます!



posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 17:42 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

ディープインパクト 〜日本近代競馬の結晶〜

父サンデーサイレンス
瞬発力あり、やわらかい走り、
気性あらい、負けず嫌い
病気を持っていた。
せりでも見栄えの悪さから買い手がつかないほどだった。
一時期事故で大怪我をしている。
体も小さく、最初、みんなからも見向きもさせれなかった。
実績が凄かったが、アメリカの生産者は、
サンデーを種牡馬としてほしがらなかった。
だからこそ、日本に輸入できたのである。

母ウィンドインハーヘアの小ささを受け継いだ。
いつも後方から一気に走る馬だったとの事です。
イギリスでよく走る、自分から走りたがる馬だったとの事です。
しかし、重賞で勝ちきれなかった。

子を宿しながらG1勝利した。
その子供は未勝利で走らず、売りに出されたときに
吉田さんの目にとまり、日本に輸入され、サンデーと配合された。
奇跡の連続ですよね。

ディープは最高傑作。

また、
引退について、いろいろ議論があった。
引退がはやすぎる、オーナーのお金儲けの為だなど。
しかし、これだけの最高傑作でもあるし、
オグリキャップなどのジリ貧な血統(かなりの突然変異)とは違い、
こちらは、血統が良血であり両親の実績もあり、
アグネスタキオンなどサンデー産駒の子供の走りを
見てもわかるように、以前の日本生産馬・輸入馬と違い
よく走っている。
(それまでは、ノーザンテーストの仔が比較的は知っていた)
それを考えるとディープの子供は安定して走ることが期待できる。

あの軸のぶれない、そして水平な走り、素晴らしい足の回転数、
あの飛ぶような走り。
子供が必ず受け継ぐと信じてる。

日本へ輸入した種牡馬・日本生産馬種牡馬の走りはサンデーが来るまで
安定しなかった。
そこにサンデーが来て、母親の能力を良く引き出し、
気性の悪さもついたが、安定して走る仔が比較的多く生まれた。
そして、サンデーが亡くなり、サンデーの仔で日本で走った有名馬の子供が
大活躍している。
競馬ファンにとって、私にとって、さらに楽しい競馬になっている。

私のような血統ファンにはたまらないシーンでもある。


ディープの活躍はだれもが知るところだが、
下記に素晴らしい動画があるので、参考にしてください。



続きを読む(参考動画)
posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 01:20 | 千葉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

日本ダービー^^

ホウオー、オーラ、ビクトリーのメンバーの中ただ一頭牝馬ウォッカの出走で、とても期待していました。フジTVで井崎さんが紹介していた、前走のタイムもとても早かったですし、桜花賞での追い込みはもう少し距離があればいける感じでもあったたため2400mはいけるのではと思っておりました。実際仲間内でも事前にウォッカ勝つよと話していましたが、本当に実現してしまいました。ウォッカは本当に強いです。伝説になりましたよ^^^^^。
ただ、今年の牡馬の質が上がっていないのか、牝馬のレベルが上がっているのか判断がしずらいです。
タイムが2分24秒5でしたのでウォッカの走りは遅くないですから、
そう考えると牡馬の質がディープインパクトのときみたいなレベルにはないことが言えるかなと思います。

だいたいにして1人気がG1未勝利ですし・・・。
気持ちとしては若干複雑でありましたが、64年ぶりの快挙に素直に喜びたいです。わーい(嬉しい顔)

posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。