【宅建取引主任者】、【コミュニケーション検定 上級】、【数検1級】、【高校数学教員免許】、【第二種衛生管理者】、【ビジネス実務法務3級】、【メンタルヘルス・マネジメント検定 ラインケアコース】、【個人情報保護士】の資格を持つ
ビジネス書ブロガー石川のビジネス書評ブログです。


1ヶ月約1万人が訪問!
著者からコメントを多く頂く
ビジネス書評ブログです。


【「書評リクエスト」・「献本」についてはこちら!】
http://businesscallcenter.seesaa.net/article/131717039.html?1257020744


皆様との、切磋琢磨できる人脈作りを
楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

2013年05月18日

褒められて伸びる

改革の人みたいだね、橋本市長に似てる

先生みたい

熊さんみたいで可愛い

頭と体のバランスとれててかっこいい

尊敬します


こう言われたら、うれしくて
もっと頑張っちゃいます。

上司は率先して部下を支え、
受け入れ、ほめましょう。

上司からさきに挨拶をし、
上司から率先してあやまりましょう。


posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 11:45 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 資格勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

宅建の勉強について

いつも私のブログをお読み頂き、ありがとうございます。



宅建について語ってみたいと思います。





<読んで一言>




■勉強プラン
宅建だけに集中せず、
・前年11月には「行政書士」の勉強を行い民法の勉強を行う
・12月に「ビジネス実務法務3級」にて民法、宅建にかぶる部分を勉強する
・1月に宅建の基本書を1度読む
※私の場合は、その後3月にメンタルヘルス2級、個人情報保護士、8月に社労士が
 あったため、宅建の勉強は9月からとなった。

・9月からは宅建一本にしぼりひたすら問題集、市販の模試で問題を解きまくった。

無事1年目の試験で合格となる。

合格ライン33点(平成24年、2012年)
採点結果34点。うーん、ぎりぎり・・・。


■勉強時間の取り方
私の場合は、勉強を大優先させています。
通勤往復2時間、昼休み50分(ご飯は10分で食べる)、
家に帰って寝る前。

休日は、気分転換に他のビジネス書を読みながら、ブログを書きながら、
喫茶店にて試験勉強。

他の誘惑に負けて落ちるということは、合格したくないということです。
合格への覚悟が足りません。

他人から、「付き合いわるい」と言われて流されますか?
自分の人生は一回だけですし、周りの言葉に影響され落ちても、
他人は自分の結果に対し、責任を取ってはくれません。
ここをわからない人が多くて、私は悲しくなりますが・・・。


■使った本
LEC、どこでも学ぶ宅建基本テキスト (日建学院「宅建一発合格! 」シリーズ) を
使っていました。

追い込み時には『どこでも宅建 とらの巻』を使いました。
まとまっていてよかったです。


■受かった後
受かったら、その資格は一生有効です。
ただ、実務経験が2年ない人は、別途「宅建取引主任者登録実務講習」を受ける必要があります。
私は、一番安かった「日本ビジネス法研究所」に申し込みました。
14000円でした。
2日間講習を受けました。先生は宅建講師でもある人で、とても実務的でわかりやすかったです。
最後の試験は、ネットでは「かんたん」と書いていましたが、
私には実務経験がないので、結構難しかったです。
試験期間が実質1か月半だったのも影響していました。
試験をしっかりやっていれば、見覚えのあるものばかりでたのしいものでした。

講習の2日間遅刻欠勤なく出席し、最終日に行われるテストに合格すると
講習終了認定をもらえます。テストは、テキストを見ながら回答OKです。

○×問題20問(事前に出るところが授業で言われます。ただ私には探す作業が大変でした)、
記述10問(授業でやって書いたものをまんま書き写すだけが6問)

http://www.bho.co.jp/takken/jitsumu.html


講習認定をもらうと次は、行政機関に主任者登録が必要です。
詳細は各都道府県のHPをご覧ください。
法務局にいったり、住民票をとったり、写真を撮ったり、
本籍である北海道へ証明書をとったり、
37000円を用意したり・・・
平日にしかできない登録でもあり、苦戦しました。

このあとはがきが届き、取引主任者カードを4500円用意して、
もらいにいけば晴れて宅建主任者として、仕事ができるようになります。





世間では、勉強すれば簡単とか書いてありますが、
私の感覚では、しっかり勉強しないと難しいと思いました。
やはり、合格率は15%前後ですから。

平成24年は結構難しかったらしく、合格ラインも低かったようです。

宅建一つだけで勉強すると落ちたときのショックが激しいので、
逃げ口を作るため、関連する試験の勉強もしていました。
重複部分を勉強できるのもメリットでした。


宅建は受かっても、行政書士は2年連続で落ちるし、
社労士も去年落ちるし・・・。
今年こそは社労士は必ず受かるように勉強しています。



私の勉強法は参考にならないかもしれませんが、
これから宅建を受ける皆様を、応援しております。


周りがなんと言おうと、合格率15%なので
しっかり勉強しないと難しい試験だと思います。
一生懸命、人生をかけてがんばってみてください。














本内容がためになったと思われた方!
クリックひとつで応援していただけると、嬉しいです。

【blogram】 ビジネス書 ジャンル別:1位 
blogram投票ボタン


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




お勧めビジネス書メルマガは、こちらから空メール送信で登録できます。

posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 13:04 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 資格勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。