【宅建取引主任者】、【コミュニケーション検定 上級】、【数検1級】、【高校数学教員免許】、【第二種衛生管理者】、【ビジネス実務法務3級】、【メンタルヘルス・マネジメント検定 ラインケアコース】、【個人情報保護士】の資格を持つ
ビジネス書ブロガー石川のビジネス書評ブログです。


1ヶ月約1万人が訪問!
著者からコメントを多く頂く
ビジネス書評ブログです。


【「書評リクエスト」・「献本」についてはこちら!】
http://businesscallcenter.seesaa.net/article/131717039.html?1257020744


皆様との、切磋琢磨できる人脈作りを
楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

2014年05月05日

献本感謝:『愛されながら、結果を出し続ける仕事術 (角川フォレスタ)』

いつも私のブログをお読み頂き、ありがとうございます。

今回のお勧めの一冊はこちらです。

『愛されながら、結果を出し続ける仕事術 (角川フォレスタ)』
高野 直樹 (著)


角川フォレスタ様よりすばらしい本をいただきました。

誠にありがとうございます。






<読んで一言>




■『破天荒!サウスウエスト航空』
大分前ですが、私もこの本を読みました。

お客様満足の前に従業員満足だ!ということを覚えています。

その基本として、上司はサーバントリーダーシップ
が必要であることを学びました。奉仕型ですね。

すなわち、
・部下をうけいれ、部下の意見を組み入れる
・部下を否定しない
・上司には、現場を改善するための意見をばしばし言う
タイプのリーダーシップが大事であることを学びました。

私も日々、この動きを大事にしています。
だからこそ、上司や経営層からすると
痛い意見を言われるので、面倒くさい存在に見られてしまいます・・・。

さらに、良い結果がついてくるものだから、最終的には
周りがシーン、と黙ってしまったり、
私に嫉妬して批判してきたりします。

嫉妬するくらいなら大きな動きをしたり、
自分でビジネスを動かせばいいのに、今の地位を守ろうと
みんなで手を組んで保身したり・・・。
せっかくなった今の地位を守るためや、今の地位になるための努力の成果を見せびらかしたかったり、
優越感に浸りたいために
部下にえらそうにしてしまいがです。

でも、それは一番大変な現場の部下を軽視しているのと同じです。
部下から挨拶してあたりまえ、とか
部下は上司をたてるものだ、とか・・・。

こういうやつに限って

@上司にはペコペコし、上司の顔色をうかがう
A部下には偉そうにする、部下の意見は聞かない

だからこそ、離職率も高いのです。
仲良しクラブになり、業務改善もままならず、
でも今の職にとどまりたいため、保身に走ります。

さらに、スキルアップの考えがないため、
交流と言う名の飲み会(愚痴大会)を
貴重な時間をつかって開かれるのです。

私は、以前だめだめ上司から
「石川さん、飲み会に行くのは、コミュニケーションをとるために
 必要なんだよ。我慢してでも行くべきだよ」

なんてアドバイスを頂きました。

豪華な料理より高い飲み会代をはらって参加するくらいなら、
大富豪さんたちと、意識の高い人たちと
私と気の合う人たちと、ゆっくり豪華な料理を食べた方が、
人生楽しいってもんです。

そのあたり、この本の著者の高野さんの考えが、
私に似ていたので、
私の考えは正しい、
そして、私の考えは成功者の考えそのものであることを
再認識できました。


■目の前のことを一生懸命やることが大事
自分が進みたい道に対して、
今大きく売り上げが伸びていなかったとしても、
大きな結果が出ていなかったとしても、
精一杯やることが大事です。

私も、数年先の大成功のための準備は何年も続けています。
おかげで今は大きな人脈に囲まれ、
国内国外問わず、業界問わず、
すばらしい仲間とすばらしいことができています。


会社でしか生きられず、保身の固まりの人たちの
批判を聞き入れず、がんばってきたからこそ今があります。

本をたくさん出している方、とある業界で大御所の人たちもいるので、
私の体験に理解してくれ、より
自分の進む道が正しかったと、思わせてくれます。


■人生は選択の連続
その瞬間、嫌な経験だと思ったことも、
あとあと必ず生きます。

時間軸としての連続だけでなく、
過去の経験が未来に生きるという意味でも
(数学的に)連続なんだな、と感じる日々です。

私は昔の部下からの贈り物のおかげで、
とあることに目覚め、とあることで
大きな人脈を手に入れることができました。
それも、人脈というよりも、意識の高い
そしてすばらしいビジネスをしているお友達が
増えました。

数年前には想像できなかったような人たちが^^


■運は人がもたらしてくれる
私の人脈は、運がよかったと思います。
以前の部下からの、私を励ましたいとの思いで
頂いた贈り物一つで、大きく変わったのですから。

でも、日々、私が「どうしたら成功できるか」を
考えていた結果なのだとも、今では思えます。

起きることはすべて、自分が原因で起きている
なんて、思えるようにもなりました。

だからこそ、以前お会いして久しく、
最近お会いするひとたちからは、
「石川さん、大分雰囲気変わったね」
と言われるようになりました。

日々、接する人たちが、意識高い人たちだと、
自分もそれに引っ張られて、意識の高い人だと思われるんでしょうね。





本を読んで、
著者の高野さんは、よく、理不尽な会社員生活を50歳まで
続けられたな、と関心して読みました。

関心するだけでなく、まだまだ、自分の今のふがいなさがあるので、
そこから抜け出すためのヒントが盛りだくさんで、
とても励みになりました。

気持ちを前向きにしてくれ、人生いつからでも
挽回が聞く!と背中を押してくれる内容でした。












本内容がためになったと思われた方!
クリックひとつで応援していただけると、嬉しいです。

【blogram】 ビジネス書 ジャンル別:1位 
blogram投票ボタン


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 18:40 | 千葉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396320752
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。