【宅建取引主任者】、【コミュニケーション検定 上級】、【数検1級】、【高校数学教員免許】、【第二種衛生管理者】、【ビジネス実務法務3級】、【メンタルヘルス・マネジメント検定 ラインケアコース】、【個人情報保護士】の資格を持つ
ビジネス書ブロガー石川のビジネス書評ブログです。


1ヶ月約1万人が訪問!
著者からコメントを多く頂く
ビジネス書評ブログです。


【「書評リクエスト」・「献本」についてはこちら!】
http://businesscallcenter.seesaa.net/article/131717039.html?1257020744


皆様との、切磋琢磨できる人脈作りを
楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

2014年03月16日

『仮面社畜のススメ』

いつも私のブログをお読み頂き、ありがとうございます。

今回のお勧めの一冊はこちらです。

『仮面社畜のススメ』
小玉 歩 (著)
徳間書店


長倉さんのFacebookで掲載されていて
とても気になっていた本です。読めて幸せです。


仮面社畜っていいことばですね。

会社にただ依存し、今の職位の保身や、
今の地位に上り詰めたプライドから部下に威張ったり
正しいことを地位という力でねじ伏せたりする奴らが多い会社という世界に、
我慢していくことが正しい(いわゆる組織論)という
マインドコントロールから脱出しすばらしい生活ができる、ことを教えてくれる
すばらしい内容だと思いました。




<読んで一言>




■仮面社畜は、結果にフォーカスする
私も、どんな会社にいっても言っています。
「今をぶっ壊し、正しいことをすれば痛みが伴います。
 批判も多く出ますが、結果が出れば周りは黙るから、
 私にこのままやらせてください!」

こんな偉そうな言葉を、数社の社長へ直接直談判していました・・・。
でも、結果がでるもんだから、結果が出ると
とたんに周りは沈黙します。
場合によっては、「石川さんの業務は簡単だったから」なんて言う人もいます。
そのときは、ひとりで20社の受電業務管理(営業、コスト管理、人の採用、売り上げ管理、請求書作成、
派遣会社手配・管理、クライアントへ月次報告、クレーム対応、業務開始準備、シフト管理など全部)
やっていたにも関わらずです。

結果が出ると、周りからの嫉妬も多いし、
当初批判していた人が、手のひらを返すように優しく接してくる気持ち悪い人も多くいます。

だからこそ、周りに影響されず、自分が思う正しさを信じ、
結果を出すことにフォーカスすべきです。

結果を出すことで、部下は笑顔で気持ちよく働けましたし、
他のチームの人も、「石川さんのチームで仕事をしたい」とよく相談をうけるまでになりましたから。
これは実話です^^


■仮面社畜は、同僚とアドレスや電話番号を交換しない
私は当然だと思っていました。会社は結果出すためにくるところであって、
仲良しクラブじゃないし・・・。
本当に仲のいい人とはもちろん交換するし、飲みにもいきますが・・・。

飲み会、飲みニケーションもばからしいです。
無駄な時間を使うくらいなら、自分の人生のために使う時間にしたほうが
よっぽど効率的です。明日も生きている保証なんてないんですから。


■仮面社畜は、積極的に社外で勉強をする
よくセミナーいったな^^

仕事以外でも、資格勉強、経営者と直接あって話をしたりしたな。

今でもとある社長さんたちと話したりしていて、とても勉強になるな。

社内だけの地位に固執し、会社の利益より自分の保身とばかりに、
正しいことをする人の足を引っ張ったり
一般社員に交通費負担させたりする不正をさせたり、
ほんと、そういう人たちは、人生を無駄に過ごしていてかわいそうです。
本人が気づかないのなら、本人がそれで幸せならいいですが、
私にまで影響を及ぼすな!って感じです。

もちろん、やられたらやり返すので、私をほっといてほしいです^^

まあ、ここ数年の会社入社も、とある社長さんたちの助けがあったからであるので、
意識の高い人たちと切磋琢磨する環境はとても大事です。

社内だけの世界で満足するな!


■仮面社畜は、ひとりの時間を大事にする
これも当然です。
だからこそ、ランチは一人でいくし、
食べる時間を少なくして考えたり勉強する時間に費やします。
これ、高校からやってました。
おにぎり持っていき、5分でたべて、あとは昼休憩は勉強していましたし。

だから、高校では数学は校内偏差値80超えてました。

さらにいうと、飲みは絶対に生きません。
体は疲れるし、愚痴ばっかりで勉強にならないし、自分の時間の無駄遣いだからです。
※意識高い人、すばらしい経営者とは一緒にいきますよ。当然。


■仮面社畜は、「こうすればよくなる」という自分なりの考えができる
私もよく提言するから、上からは面倒なやつだと思われます。
でもそれでいいのです。

自分の力があり、正しい意見で、いずれ結果が出そうな内容なら、
なんとか自分でできるからです。
さらに、結果が出て会社のためにもなるからです。
経営層の感情だけでは、いずれ会社がつぶれかねませんから。


■仮面社畜は定時に帰る
終業時間超えたら、労働義務ないですからね。
超えた分はしっかり残業つけていたら、
「35時間以上つけないでください」
と労基法違反の話を直接されたことがあります。

よく、平気でそんな話しますよね^^

ここ数年いる会社ではそんなことは一切ないから
ほっとしていますが。

この本にいいこと書いてました。
「仕事より大事なことがあれば、何が何でも定時で急いで帰りますよね。」
「残業する人は、残業より大切なものが何もない証拠」

定時にずっと帰っていれば、そして飲み会に参加しなければ、
そういうやつだと周りに思われ、何も言われなくなります。
そうなれば、しめしめです。
そうなってしまえば、なんてことありません。

社外で勉強になることはたくさんありますよ。
それがのちのち、40台くらいになったら大きな差となって現れるのですから。


■仮面社畜は、いざというときには借金をいとわない
借金してようとしてまいと、周りには一切わかりません。

勝負のときには、借金もいいのかと思います。
消費するための借金も、経験値を増やす意味ではいいと思います。
自己破産だけにはお気をつけを。

長期的な目線で、いずれ原価以上の大きさでかえってくるものへの
投資なら、私は一時的に借金をしてもいいと思います。

これを恐れたら、なんの経験もせず、ただ想像の中でしか生きていけなくなりますから。






なんか、読んでて
自分のこの5年間の行動に似ていて
すがすがしかったです。

この考えを、周りになんと言われようとも実践していけば、
あと数年ですばらしい、自分の思い通りの人生が花開きます。

もっともっと、自分の人生、自分に責任を持ち
たのしんでがんばるぞー!!














本内容がためになったと思われた方!
クリックひとつで応援していただけると、嬉しいです。

【blogram】 ビジネス書 ジャンル別:1位 
blogram投票ボタン


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 17:16 | 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391632337
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。