【宅建取引主任者】、【コミュニケーション検定 上級】、【数検1級】、【高校数学教員免許】、【第二種衛生管理者】、【ビジネス実務法務3級】、【メンタルヘルス・マネジメント検定 ラインケアコース】、【個人情報保護士】の資格を持つ
ビジネス書ブロガー石川のビジネス書評ブログです。


1ヶ月約1万人が訪問!
著者からコメントを多く頂く
ビジネス書評ブログです。


【「書評リクエスト」・「献本」についてはこちら!】
http://businesscallcenter.seesaa.net/article/131717039.html?1257020744


皆様との、切磋琢磨できる人脈作りを
楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

2014年02月23日

献本感謝:『今は苦しくても、きっとうまくいく』

いつも私のブログをお読み頂き、ありがとうございます。

今回のお勧めの一冊はこちらです。

『今は苦しくても、きっとうまくいく』
横山 信治 (著)
PHP出版


横山様、PHP出版様よりすばらしい本を頂きました。
誠に感謝申し上げます。

表紙もほっこりするシロクマの写真があり、
それだけでも心が癒されました。

また、1ページ1ページめくると、
一言一言がすばらしい内容、感動する内容、
励まされる内容であり、とても心強かったです。

この考えが、会社の偉い人たちにもっともっと
広がると言いなと思いました。

こういった考えを伝えても、「正論だけど、難しい」と言う人が多いです。
そういう人は大抵、雇われ社長だったり、
サラリーマンの考えから脱出できない人たちです。

私も、ここ数年、いろんな会社の社長さんと直接話したり、
毎日ご飯にいく経験をしています。
それも、日本人だけでなく、日本にいながら外国人の社長さんとです。

ご飯にいくときも、私以外外国人ってこともざらです^^

経営的な考えを身近な社長さんに学びつつ、
すばらしい考えはすばらしい本から学び、
着実に自分の準備を続けていきます。




<読んで一言>




■比較すべきは、他人ではなく過去の自分
他人の長所 VS 自分の短所
では永遠に勝てません。
周りは、自分の短所の改善を強く勧める(その理由は、他人は他人の欠点を探すプロだから)のですが、
それを無視して、強みだけを伸ばせばいいのです。

スケーターの羽生選手に将棋を覚えさせるより、
4回転ジャンプの練習をさせた方がいいですよね^^


■〜したいではだめ。行動してなんぼ
まあ、思わないより〜になりたいと思い妄想するのが大事だと思います。
だけど、本当にやりたければ、熱意を持つことで
やらなければ、と心から動こうと思えるものです。
また、自然に自分が楽しいものです。
周りからも、勝手に「楽しそうだね」と言われるようになります。

いきなり、すべてを捨てて動くのはできないので、
日々準備をしながら、少しずつ行動の幅を広げて、
行動するとうまくいきます。
※ここでは行動内容は詳しくかけませんのでぼかしますが・・・。


■謙虚さが大事
以前は、正しさを武器に
たとえ一人になろうともとことん提案し、
相手が社長だろうととことん戦ってきました。

それで自分がどうなっても、正論なので困るのは会社のほうです。
プライドがあるので、何事もなかったように会社はふるまうんですけどね。

だけど、自分の体が悲鳴を上げます。
また、正論って各人がもっているものなので、
自分が考える正論は、自分だけの正論でもあります。

世の中の事象は、起きたという事実だけであって、
解釈(いいように解釈、悪いように解釈)は人間各個人が解釈しているだけなのですから。

だからこそ、腹が立っても謙虚に受け答えをする、
華麗にスルーする、沈黙は金なりで対応する、
静かにしながらも笑顔で感謝しながらも自分なりに未来の準備をして
いつでも会社を辞められるようにする、
ことがとても大切です。

それが、会社にこき使われて過ごす人生になるのか、
自分の好きなことをして人生を過ごすのか、
の分かれ目になります。









読むたび、自分の残りの人生について深く考えさせられました。
また、今の状況に置かれている自分が
どんな心構えで
何をしていったら良いか
アイデアをくれる内容でした。














本内容がためになったと思われた方!
クリックひとつで応援していただけると、嬉しいです。

【blogram】 ビジネス書 ジャンル別:1位 
blogram投票ボタン


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 15:10 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。