【宅建取引主任者】、【コミュニケーション検定 上級】、【数検1級】、【高校数学教員免許】、【第二種衛生管理者】、【ビジネス実務法務3級】、【メンタルヘルス・マネジメント検定 ラインケアコース】、【個人情報保護士】の資格を持つ
ビジネス書ブロガー石川のビジネス書評ブログです。


1ヶ月約1万人が訪問!
著者からコメントを多く頂く
ビジネス書評ブログです。


【「書評リクエスト」・「献本」についてはこちら!】
http://businesscallcenter.seesaa.net/article/131717039.html?1257020744


皆様との、切磋琢磨できる人脈作りを
楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

2013年11月10日

献本感謝:『考えながら走る―グローバル・キャリアを磨く「五つの力」― (ハヤカワ・ノンフィクション)』

いつも私のブログをお読み頂き、ありがとうございます。

今回のお勧めの一冊はこちらです。

『考えながら走る―グローバル・キャリアを磨く「五つの力」― (ハヤカワ・ノンフィクション)』
秋山ゆかり (著)


早川書房様より、すばらしい本を頂きました。
いつもすばらしい本をありがとうございます。

私よりもとてもすばらしいスキルをお持ちの方ですが、
それでも今の独立に至るまでには
相当な苦労と努力をされていることを
この本を読んで知りました。




<読んで一言>




■キャリアを磨き続けろ
会社が変わろうと、自分の思った通りに進まなくても、
他人のせいにしないのです。
結局は、自分の力が物を言いますから。

自分に力があれば、周りから次のステップへの
お誘いが来ますし、周りが自分にお誘いをしたくなりますから。

だからこそ、目の前のつらい事象にいちいち落ち込まずに、
いかに今より高いスキルを身につけられるか
考え、自分で動くことが必要なのです。

私の今は、英会話とか商売の仕方を友人の大富豪の
経営者から直接教えてもらっています。
自分から機会・環境をとりにいかなければ、
今の環境を変えることは絶対にできません。


■社内政治力をつけよ
・情報通であれ
 直接該当者と話さなくても、周りでなにが話されているか、
 業務がどのような状況になっているか、
 人間関係はどうかなど、自分から動いて
 または、ひたすら隠れながら見ていけば、
 周知されない大部分のところがわかってきます。
 
 場合によっては社外のキーマンから直接アドバイスをもらったり
 方法はいくらでもあります。

 それにより、自分から必要なタイミングで
 周りの温度感を測りながら情報発信ができます。

 対決している場合であれば、自分に有利なタイミングで
 有利な内容で上層部に情報発信や提案ができます。

 特に上層部に発信する場合は、発信するだけで自分の方が
 不利になりますから、情報通になることは本当に大事です。

・場合によっては積極的な沈黙もできる
 情報通であればこそできます。
 この場面では、自分は出て行く場面ではない、とか、
 自分が出るだけ損であり、自分が沈黙していても
 周りが勝手に自滅する
 なんてことも推測できます。

 実際に目の前で自滅劇が起きると、
 「よく自分で先を想像して、ぐっとこらえ我慢できたな」
 と自画自賛したくなるときもあります。

ま、私の場合は、どこでどんな情報を知ったのかは
周りに全く教えませんけどね。
でも、普通の社員よりは会社の状況、経営状況、
上層部の状況、他部署の動きがよくわかります。
不思議ですね。

とある社員からも「石川さん、なんでそこまで知っているの」
と言われることもよくありますから。


■英会話
今後どんどん重要になってキル気がします。
近くに英語を話す人がいないとモチベーションがあがりませんから、
最近では外国人の友達を作り、一生懸命英会話を
楽しみながら勉強しています。


■自分の不調を自分でわかるようにせよ
私はこの10ヶ月間、毎日下痢をしていました。
数カ所の病院に通っても「原因不明」でした。

数年、過酷な状況であったため体ぼろぼろだったのに
なかなか自分できづかなかったのです。
体が悲鳴を上げていても、自分が正しいことを
やりとげないといけない!という正義感から
不正を働いている人や仕事ができない上司などと
とことん戦っていました。

とある私が信頼している人が私に
「石川さんがいつも勝ちすぎだから、やりかえされるんだよ。
たまには負けたふりをすることも必要だよ。」
とアドバイスまでされていました。

そこから、
ときには「積極的な沈黙、戦略的な沈黙」も大事だな
と感じるようになりました。






私にはまだまだ及びませんが、
いつか秋山さんのような仕事をしてみたいなと、
思える本でした。















本内容がためになったと思われた方!
クリックひとつで応援していただけると、嬉しいです。

【blogram】 ビジネス書 ジャンル別:1位 
blogram投票ボタン


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 15:51 | 千葉 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | ビジネス本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
書評ありがとうございます。

「場合によっては積極的な沈黙もできる」−これはとても大事なことだと思います。

話していいとき、黙っているべきとき。

これを見極められるようになるように、周囲を観察し、情報収集することですが、なかなかさじ加減が難しいものです。私ももっとがんばっていかなければと改めて思いました。


Posted by 秋山ゆかり at 2013年11月10日 20:30
秋山様

著者直々にコメントいただき、誠にありがとうございます。
社内での動き方、仕事のスキルのあげ方など
とても参考になりました。

今、私は半年以上珍しく沈黙が続き
じれったい日々ですが、状況は上向きなので
秋山さんの内容を励みしてがんばって参ります。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 石川 at 2013年11月10日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379859781
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。