【宅建取引主任者】、【コミュニケーション検定 上級】、【数検1級】、【高校数学教員免許】、【第二種衛生管理者】、【ビジネス実務法務3級】、【メンタルヘルス・マネジメント検定 ラインケアコース】、【個人情報保護士】の資格を持つ
ビジネス書ブロガー石川のビジネス書評ブログです。


1ヶ月約1万人が訪問!
著者からコメントを多く頂く
ビジネス書評ブログです。


【「書評リクエスト」・「献本」についてはこちら!】
http://businesscallcenter.seesaa.net/article/131717039.html?1257020744


皆様との、切磋琢磨できる人脈作りを
楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

2013年10月21日

貧乏人が激怒するブラック日本の真実

貧乏人が激怒するブラック日本の真実


気になった考え方(P67まで)

■起こりうる未来を自分の頭で考えよ、想像せよ
他人の作った情報だけを頼りにして、不利をこうむったって
誰も助けてくれません。

他人の発言なんて、自分に対して責任は一切取らないのですから。
だから、他人の批判をいちいち聞いてそのとおりに動く必要なんてないんです。


■みなお金を使わせたがっている
情報弱者は不要なものが家にいっぱいあるのはこのためです。
自分にとって本当に必要ものなのか、買う時にはしっかりと
考える必要があります。
TVみない、お店に行かないっというのも、
結構有効です。自分の考えを阻害させないために。

気分転換にどうしても必要など、目的があれば
私はいいと思いますが、
「はやりだから」という自分の意思のないお金の浪費は
他人のおもうつぼであり、その分さらに無駄に
働かなければならなくなり、本末転倒なのです。


■人に迷惑をかけないように生きようとしたら、挑戦できなくなる
正しいことをするとき、何かを変えようとするとき、
しがらみを断ち切るとき、保守勢力の権益を奪ってしまうとき、
必ず摩擦が生じます。

机の上の消しゴムで言うと、

【摩擦を生じさせちゃいけないなら前に進むことができなくなる】

です。


■誰が得になっているルールなのかしっかり考えよ


■使い捨てにされていると感じるなら、
 逆に会社を使い捨てにするだけの人材になれ
自分に合わなければ、会社を辞めるまでです。
私も、おくすることなくこの発言をしてきました。
そして、会社を変わってきました。
自分にスキルがあるとは思わないですが、
意外とがんばってきたんだな、と思いました。

我慢して会社にいたら、体と心が壊れ本末転倒です。
体と心がしっかりしていないと何もできませんから。
posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 18:05 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。