【宅建取引主任者】、【コミュニケーション検定 上級】、【数検1級】、【高校数学教員免許】、【第二種衛生管理者】、【ビジネス実務法務3級】、【メンタルヘルス・マネジメント検定 ラインケアコース】、【個人情報保護士】の資格を持つ
ビジネス書ブロガー石川のビジネス書評ブログです。


1ヶ月約1万人が訪問!
著者からコメントを多く頂く
ビジネス書評ブログです。


【「書評リクエスト」・「献本」についてはこちら!】
http://businesscallcenter.seesaa.net/article/131717039.html?1257020744


皆様との、切磋琢磨できる人脈作りを
楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

2013年10月16日

アンパンマンの記事をみて

本日ニュースで、
アンパンマンの作者やなせたかしさんの死去
のニュースを聞きました。


その中で、
「スーパーマンは昔からよく見ていたけど、
 ただ悪者をやっつけて終わり。
 それでは現実的ではない。
 だから、私はその部分をアンパンマンに取り入れた。」
と説明がされていました。


その部分とは
【正義とは自己犠牲によって成り立つものなのだ】
でした。


ドラゴンボールもそうでしたが、
アンパンマンも人生における考え方を
さらっと見られる漫画にするなんて、
すごいな、と思いました。



私の言葉でいえば、
【正しい事を行うにはリスクが伴う】
です。


正しくないことをやっているのならば、
そこには我慢があります。
地位・会社への所属・給料などがそれです。
家のローン、家族かもしれませんね。

守りに入りたくなる場面でも
【正しいことをやりぬく】覚悟、リスクをしょってでも
上層部、組織論と戦い抜くことで、
正しいことを実行できるものなのです。

たいていの人はこのリスクを嫌がるため、
間違っていてもだましだまし生きています。
でも、年配になってから後悔しても遅いのです。


今日、私の記事をお読みになられたのであれば、
間違っていることがあれば、自分からの行動により
自分自身覚悟を持ち戦い抜いてほしいです。

また、そういった人材が世の中に増え、
正論突破が正しいと思われる世論ができるよう
日々私も頑張りたいと思いました。

posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 18:01 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。