【宅建取引主任者】、【コミュニケーション検定 上級】、【数検1級】、【高校数学教員免許】、【第二種衛生管理者】、【ビジネス実務法務3級】、【メンタルヘルス・マネジメント検定 ラインケアコース】、【個人情報保護士】の資格を持つ
ビジネス書ブロガー石川のビジネス書評ブログです。


1ヶ月約1万人が訪問!
著者からコメントを多く頂く
ビジネス書評ブログです。


【「書評リクエスト」・「献本」についてはこちら!】
http://businesscallcenter.seesaa.net/article/131717039.html?1257020744


皆様との、切磋琢磨できる人脈作りを
楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

2013年09月21日

半沢直樹について

倍返しがはやっていますが、

私は
「目には目を、歯に歯を」ですので、
やられた分だけやり返します。

倍ではなく1倍です!キリッ

やられなければやり返しません。

まあ、正しいことを黙々とやるから
ほっといて!って感じです。


ただ、保守勢力はこの「正しいこと」を実践すると、
自分たちの地位やうまみを削られるので
黙っていません。

この抵抗勢力からの攻撃をされることが
私は多くあります。

私は攻撃されたらその分だけ反撃するだけなのです。


その結果、結果を出すことができます。
反撃した人がマネージャーから降格し
営業事務をする、なんてことが平気でおきます。

でも、そういった行動は自分にもリスクが生じるし
面倒だからといって、放置したり我慢したり、
自分の保身を考え静観する人がほとんどです。


それでも変わらなければ、会社をやめて
自分に合った会社に入ればいいだけです。
自分に力ががあれば、誰かが助けてくれます。

我慢して会社の駒にまでなり下がる必要はありません。
お互いが助け合って仕事ができる関係であれば、
それでいいのです。

こういう私は、プライドだけの塊のお年寄りや
保守勢力からは嫌われるんでしょうね。

私の動きもなんか「半沢直樹」に似てるな!
と思いました。

とはいっても倍にはしません。
相手の攻撃に対して1倍分だけ反撃するだけですから。


会社にしがみつく人生ほど、哀れなことはありません。
60歳になってから後悔するのは自分だし、
誰も慰めてくれません。
60歳になってからは、やれることがあまりにも
若いころより少なくなるのですから。


どちらにしても、自分自身の道を決めるのは自分です。

自分の思う人生を送りたいなら、
ルールの中(組織論とかくだらない理論)で戦うのではなく、
結果とリスクのつり合いを考えつつも
ルール無視(純粋に正しさをつきとめる)の戦いを自分から率先して挑む
ことが必要に思います。

posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 10:20 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375381968
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。