【宅建取引主任者】、【コミュニケーション検定 上級】、【数検1級】、【高校数学教員免許】、【第二種衛生管理者】、【ビジネス実務法務3級】、【メンタルヘルス・マネジメント検定 ラインケアコース】、【個人情報保護士】の資格を持つ
ビジネス書ブロガー石川のビジネス書評ブログです。


1ヶ月約1万人が訪問!
著者からコメントを多く頂く
ビジネス書評ブログです。


【「書評リクエスト」・「献本」についてはこちら!】
http://businesscallcenter.seesaa.net/article/131717039.html?1257020744


皆様との、切磋琢磨できる人脈作りを
楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

2013年07月03日

批判、陰口は喜べ

■批判、陰口は喜べ

陰口をたたかれるというのは、自分がうまくやっている証拠。

他人からの批判・誹謗中傷は心が痛みます。
自分で変えられない事が多く、理不尽に感じ不安に思うものです。

しかし、そんな後ろ向きではなく、
前向きに考え、むしろ喜ぶべきです。

仕事ができていなくて、コミュニケーションもうまくなければ、
放置されるだけでしょう。陰口ほどでもなく、
ただの笑い話になります。

だけど、仕事ができて相性が悪いだけなら、
「あいつは仕事ができるけど、なんか腹立つ」
と陰口をたたくのです。かつ仕事を進める上で
関係しなければならず、プライドが許さない!
なんてことにもなるのです。


悪口や陰口をたたく人たちのことを

「かわいそうな人たち」

「弱い犬ほどよく吠える」

「あとでぶっつぶしてやる!」

「今に見てろよ」

という気持ちでいればいいのかな、と思います。


大切なのは、過去の自分より成長できているかどうかです。
自分が自分をどう評価しているかです。

あくまで大事なのは「自分軸」です。

他人ではありません。
他人の視線なんて気にしなければいいのです。
そうはいってもきになっちゃうんですけどね。
事象が発生しているときには。。。
posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 18:41 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368211122
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。