【宅建取引主任者】、【コミュニケーション検定 上級】、【数検1級】、【高校数学教員免許】、【第二種衛生管理者】、【ビジネス実務法務3級】、【メンタルヘルス・マネジメント検定 ラインケアコース】、【個人情報保護士】の資格を持つ
ビジネス書ブロガー石川のビジネス書評ブログです。


1ヶ月約1万人が訪問!
著者からコメントを多く頂く
ビジネス書評ブログです。


【「書評リクエスト」・「献本」についてはこちら!】
http://businesscallcenter.seesaa.net/article/131717039.html?1257020744


皆様との、切磋琢磨できる人脈作りを
楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

2013年06月28日

戦略を、日常にいかせ

戦略の活用場所

なにも、会社の経営だけに必要なものではありません。
戦略は生活の身近な部分で、使われているのです。


・プレゼン
・資料作り、
・自分の考えを表現するため
・行動に移すため、
など、日ごろの生活に身近なのです。


ただ「戦略」と聞くと、堅苦しく聞こえてしまうでしょうね。


戦略は、
企業能力として人の管理を見るので、
労務管理の考えも学べます。
業務効率、人の性善説、性悪説、欲、目標管理、
会社の位置取り、自分ブランドの位置取り、
自分の位置取り(会社、地位、根回し、家族、地域社会、立場・・・)、


テイラー、メイヨー、マズローピラミッド、ドラッカー目標管理
なんかは、社労士の試験でもたまに出題される
出題範囲の一つになっています。



人の教育の考え方にもよく似ています。

発展時はポジショニング(外部 位置取り)
安定期はケイパビリティ(内部 人の能力を大事にする)

→戦時は上司が率先して誘導、
 平時は部下の育成・教育を重視


戦略はとっつきにくく、
敬遠していたところがありました。
でも、仕事の必要性からいろんな戦略本を手に取りました。

半年で数十冊は読みました。



なんだか、難しいようでいて日常生活に使える考えって、
「哲学」に似ている気がしました。

人はどうして存在しているのか、
自分の存在意義は、
時間は私たちにどんな意味をもっているのか、
宇宙の外はどうなっているの、
などなど。


でも、必要性を感じないと勉強したり本を読んだりしませんよね。


私の記事が、その必要性、きっかけになったら
うれしいです。
posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 19:50 | 千葉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367779453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。