【宅建取引主任者】、【コミュニケーション検定 上級】、【数検1級】、【高校数学教員免許】、【第二種衛生管理者】、【ビジネス実務法務3級】、【メンタルヘルス・マネジメント検定 ラインケアコース】、【個人情報保護士】の資格を持つ
ビジネス書ブロガー石川のビジネス書評ブログです。


1ヶ月約1万人が訪問!
著者からコメントを多く頂く
ビジネス書評ブログです。


【「書評リクエスト」・「献本」についてはこちら!】
http://businesscallcenter.seesaa.net/article/131717039.html?1257020744


皆様との、切磋琢磨できる人脈作りを
楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

2013年06月25日

憎まれ役になっても動じないのがプロ

憎まれ役になっても動じないのが
上司の役割、プロジェクトマネージャーの役割


期待されることから、予想しない意見が飛び交います。
一見すると、自分への考えへの批判に聞こえます。

でも、関係者からの意見は、単純に仕事をうまく進めたい、
石川の考えで進めて問題ないのかどうかを知りたい、
石川の資料を見たときに、パッとひらめいて思いつきで
言っているだけであることが多いように感じます。


そんな周りからの一言一言を気にして
振り回されたら、せっかく素晴らしい自分の意見も
実らなくなります。



成長するためには、自分への自信が必要なんでしょうね。
「やってしまった後悔よりも、やらなかったことへの後悔は
 消すことができないため、日に日に大きくなります。」


反発を買う=新しい考えだ!
くらいでいいのではないでしょうか。


消しゴムだって机の上で動かしたら摩擦という抵抗にあうんですよ。

飛行機やF1は空気抵抗が無いと素晴らしい動きができないんですよ。


何か新しい良いことをするには、
一度ぶっ壊しちゃいます。
これだけを見て、「石川は猪突猛進だ」と言われることが
多くありました。

でも、あの小泉元首相だって、自分の所属政党に対し
「自民党をぶっ壊す!」と言って改革をしていましたよ。

壊したときに、その責任として
一人孤独になります。
でも、そこからが勝負なのです。
せっかくぶっ壊して新しいものを作る環境を
自分自身でつくることができたのです。
ここで踏ん張り動き続けることで、トンネルの外の光が
徐々に見えてくるのです。

大変な時とは大きく変われるときなのです。

対立は恐れるな、
成功するものは、最初がきつくて後が楽、
自分ができない点でなげかず、できることにベストを尽くせ、
ふだんから自分の頭で考えよ、
なんとかなるさ、
創造・改革・革新・イノベーションは異端から生まれる、
不安なら動いてしまえ、
うまくいかないと思う根拠は100%正確で
うまくいくと思う根拠だけは0%と思うのはどうして、
どちらも不確実な根拠なのに、
100%うまくいかないから楽しい(ドラマ、映画みたい)、
内面(精神、考え方)は他人には変えられない、
リスクを恐れては成長はない、
試練がないと成長できない、
制約があるからこそ、新しい発想が生まれる、
人間の長所は欠点があることだ、
アウェーは人を鍛える、
アウェーで勝つから鍛えられる、・・・


こう言った言葉に励まされています。

まあ、これらを実践した実感を正直に言うと、
・パワハラに会い、うつになり、メンタルボロボロ、胃腸もボロボロ
・その他体にも不調が多く出る
・自分に自信が持てなくなる
・リスクを取った分だけ、自分の思い通りにでき結果を出せる。
・自分で構築、自分で最後まで責任をとる。
・部下の意見を受け入れる、話を聴く、権限委譲、
 責任は自分がとることで、部下が私についてくる
・行動の幅が広がり、社内社外経営層とやり取りができるようになった
・自分の動きは猪突猛進なので相当リスクが伴うが、
 自分の力があれば、以外となんとかなる

でしょうか。



思いつきで書いてみました。
posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 18:01 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367490064
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。