【宅建取引主任者】、【コミュニケーション検定 上級】、【数検1級】、【高校数学教員免許】、【第二種衛生管理者】、【ビジネス実務法務3級】、【メンタルヘルス・マネジメント検定 ラインケアコース】、【個人情報保護士】の資格を持つ
ビジネス書ブロガー石川のビジネス書評ブログです。


1ヶ月約1万人が訪問!
著者からコメントを多く頂く
ビジネス書評ブログです。


【「書評リクエスト」・「献本」についてはこちら!】
http://businesscallcenter.seesaa.net/article/131717039.html?1257020744


皆様との、切磋琢磨できる人脈作りを
楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

2012年06月28日

『良い戦略、悪い戦略』

いつも私のブログをお読み頂き、ありがとうございます。

今回のお勧めの一冊はこちらです。

『良い戦略、悪い戦略』リチャード・P・ルメルト (著), 村井 章子 (翻訳)


仕事の目的は結果を出すことです。
たとえどんな状況であっても。

たいていは、自分が思うように事が運びません。
想定外が多い中、そして自分より強敵がうじゃうじゃしているなかでは、
自分は弱者です。

そんな弱者でも、既存の強敵を倒すには
事前に綿密に練って準備した戦略が必要です。
それもスピードのある。





<読んで一言>




■こちらの強みを相手の弱みにぶつけろ
自分の強みは、すぐに見えないことが多くあります。
かなり集中していけば、いずれ突破口が見えます。
そのためには、今目の前の仕事を全力でやっていくことで
徐々に見えてきます。周りによって気づかされることもあります。

これは、隣の芝は青く見えるの逆ですね。
隣の芝は青く見える=自分の弱い部分と相手の強い部分を比較している


■戦略とは
・変化に直面したとき、リーダーシップや決意を
 いつ
 どこで
 どのように
 発揮すべきかその道筋を定めること。

・とるべき行動指針が含まれている。

・的を絞りリソースを集中させる。
 集中するということは、何かを捨てることです。
 捨てる部分にいる人たちからの反発はすごいものです。
 今までの利得を捨てることになるのですから。
 でも、そんな人たちにはっきり「ノー」といいながら
 進んでいく理念・考えが戦略なのです。

 私は反対を恐れず「ノー」と言える点では、私はうまくやっているほうですね^^

・情報収集→事前準備→大きな方向性→一貫性ある行動





仕事を動かすには、
・地位を上げる
・タイミングを考え動くこと
だと思いました。


私の周りでは、
まさに今、この二つが同時に動こうとしています。
物事がものすごいスピードでかわっています。
周りからの見方もだいぶかわりました。

さらに自分の正しいと思う理念を強く信じ、
戦略的に行動していこうと思いました。













本内容がためになったと思われた方!
クリックひとつで応援していただけると、嬉しいです。

【blogram】 ビジネス書 ジャンル別:1位 
blogram投票ボタン


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




お勧めビジネス書メルマガは、こちらから空メール送信で登録できます。

posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 11:45 | 千葉 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネス本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277770576
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

初級者から上級者まで必読:良い戦略、悪い戦略
Excerpt: 良い戦略、悪い戦略作者: リチャード・P・ルメルト出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2012/06/23メディア: 単行本 私は最近、日本の大手メーカーNECの戦略発表会に出席した..
Weblog: 本読みの記録
Tracked: 2013-04-14 11:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。