【宅建取引主任者】、【コミュニケーション検定 上級】、【数検1級】、【高校数学教員免許】、【第二種衛生管理者】、【ビジネス実務法務3級】、【メンタルヘルス・マネジメント検定 ラインケアコース】、【個人情報保護士】の資格を持つ
ビジネス書ブロガー石川のビジネス書評ブログです。


1ヶ月約1万人が訪問!
著者からコメントを多く頂く
ビジネス書評ブログです。


【「書評リクエスト」・「献本」についてはこちら!】
http://businesscallcenter.seesaa.net/article/131717039.html?1257020744


皆様との、切磋琢磨できる人脈作りを
楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

2008年06月30日

部下を動かす教え方

本日は、
部下を動かす教え方
松尾 昭仁 (著)
日本実業出版社
を読みました。

松尾さん!
6冊目の商業出版おめでとうございます。

本をご出版されるたび、姿が大きくなり
そして、どんどんと尊敬できる方になっていくのを
うれしく思います。
(私が言うのもなんですが)

******************************************
■自動化
つまり、部下を教えるときは、
自営業のように、自分ひとりでやっていてはだめなのです。
一人で行うと、本来仕事が沢山舞い込んでくることは
儲ける為によいことですが、
一人でやるため、自分の手に負えなくなり
ストップをかけてしまいます。
これを
【アクセルと同時にブレーキを踏む】
と言います。
これでは、自分の体が持たなくなる、限界まで
働かなければ、儲けになりません。

しかし、この自動化はセミリタイアには
とても必要なものなのです。

1ヶ月海外旅行等で、会社にいなくても、
帰ってきたら、ちゃんと自分を迎えてくれ、
そして仕事が成り立つ自動化を
した人が、多く成功されています。

自営業ではなく、セミリタイアできるようになってこそ
自動化できて、他人にまかせることができて、
自分が指導もできて、お金も稼ぐ事が出来ます。

ここまで大きな話でなくても、
一人で仕事を抱えず、沢山の人と共有することで、
自分に怪我があったり、大事に至ったときにでも
仕事がちゃんとまわるようになります。

そういう意味で、
部下にしっかり教えていくことで、
自分も助かり、会社もたすかり、
会社の利益を上げていく事ができるのです。
******************************************

ネットで商売する形態に近いのです。
ネットは自分が寝ていても、商品を売ってくれます。
例えばオークションがそうです。
商品が、文字(ワードなどテキストで、
手法を売る)を売ったり、
在庫を抱えない商品を売ると
楽して大きな儲けがでます。
(時代時代によって異なると思いますが、
私も一時期ネット販売だけで、生計が立てられました^^)。

そういう、自動化の商売を自分にあったもので
探す事でさらなる幸せが待っているのではないかと
期待させてくれる本でした。






posted by 石川@電話応対品質管理者(クオリティ・スペシャリスト) at 23:46 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス本について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101899298
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。